Pet

ペットの供養

ペットの葬儀、供養の特徴

近年ではペット葬儀社やペット霊園など、ペットが亡くなると人間と同じように供養するという事が珍しいことではなくなってきています。ペットが亡くなった場合の大まかな流れとしては、ペット葬儀社に連絡し火葬を行い、納骨堂やお墓に埋葬するという、人が亡くなった時と同じ流れであり、ペット用の骨壷や位牌なども販売されています。価格として、火葬の利用は、連絡したペット葬儀社や霊園などの利用料に含まれている場合が多く確認が必要です。納骨堂などの利用では、こちらもそれぞれで違うため確認が必要ですが、年間数万円程度が相場となっています。またお墓を立てる場合は、石や細工にもよりますが、10万円程度から利用ができます。利用にあたっては、それぞれ値段を確認し、何を利用するのかを検討することが必要になります。

ペット葬儀といっても、ペットを供養する場合は人間とは違い、しっかりとした決まりがある訳ではありません。ペットは戸籍をもっている訳ではないため、亡くなっても死亡届を提出する必要もなく、ペットが信仰する宗派がある訳ではないため宗派は関係なく、亡くなってからの一連の流れに決まった形式という物がありません。そのため飼い主の宗派にあわせ、飼い主が仏教徒であれば仏教の教えにならい、仏壇や位牌を利用するという利用方法が、宗派を持たないペットの供養には無難といえるでしょう。近年ではペットも家族の一員であるという考え方が浸透しており、ペットの供養に関しても様々なサービスが増え、種類や業者を選べるほどとなっています。利用にあたりペットが一番安らかに眠れると思えるサービスを検討しましょう。