Pet

ペット供養の変化

意外と古いペット葬儀の歴史

ペット葬儀の歴史は古く、紀元前のエジプトに起源があると言われています。日本では江戸時代になると、犬や猫をペットとして飼い、土葬する人もいたと言いますので、日本のペット葬儀の起源は、江戸時代にあると言えるでしょう。第二次大戦前には農耕用の家畜を供養する事もありましたが、農業機械の発達や導入によって、これらの風習は廃れていきました。この頃には檀家のペットを供養するお寺はありましたが、事業として檀家以外の供養は行っていなかったようです。戦後、東京に動物霊園ができたのが、事業としてのペット葬儀の始まりと言えます。その後、関西方面や名古屋等でも行われるようになり、現在のように専門業者がプランを提供して行うペット葬儀の形が出来ていきました。

ペットを供養する形の変化

住宅事情の変化により、ペットの埋葬場所に困るケースが多くなりました。例えばハムスターのようなごく小さなペットでさえも、埋葬する場所がないのが現状です。そんな社会事情を背景に、ペット葬儀は事業としても拡大していきました。以前はゴミを焼く焼却炉のような火葬炉で、他のペットと共に焼くのが一般的でしたが、最近では専門業者による様々なプランが提供されるようになりました。従来の「合同葬」に加え、個別葬や家族が見守る立ち会い葬、移動式の火葬炉が自宅まで来てくれて、その場で火葬や葬儀が行えると言うプランもありますので、人間顔負けと言えるでしょう。今後、ペットはますます寿命が延び、飼い主である人間と過ごす時間が長くなっていきます。20年一緒に暮らした飼い犬の葬儀を手厚く、と言った風に、ペット葬儀を行うのが当たり前になっていくかも知れません。